シェアハウスタカセの魅力

  1. 元旅館が織り成す純和風のノスタルジックな空間

    元旅館の佇まいを残した、純和風のノスタルジックな空間です。お部屋の号室は 「弥生・如月・葉月・睦月」など。まるで旅館に泊まるみたい。どこか落ち着くのはそのせい?心穏やかにシェアハウスの住人達と過ごせそうです。

  2. 女性専用のシェアハウス

    女性だけで安心してお住まいいただける空間です。元旅館の女将さんもたまにいらしております。シェアハウスを好んで住むということは価値観の近い人が多いのかも。共同生活における連帯感は何よりシェアハウスならでは。

  3. 敷地内にあるカフェ&お料理教室

    数々の飲食店で経験を積んだ、女性オーナーが経営するカフェ、「Felice Cucina」 店内では、健康美人になれるお料理を提供しております。(12月6日よりOPEN) お料理教室は随時開催しており、シェアハウスに住みながら、お料理の腕も磨けます。

女性オーナーが経営する「Felice Cucina」の最新情報はコチラ http://lovelifecooking-22.jimdo.com/


シェアハウスとは?

リビングやキッチン、浴室などを住人で共有し、個室をプライベート空間とする共同生活のことを言います。昨今、テレビドラマやバラエティー番組など、メディアで取り上げられる機会が多くなり、広く認知され始めました。シェアハウスならではの、入居者同士の交流がある暮らしを求める傾向が時代とともに受け入れられていきました。

ルームシェアとの違い

ルームシェアとは、貸主からお部屋を借りて、そこに友人同士などで2人以上で住むことを言います。シェアハウスのような他人とスペースを共有することはありません。

シェアハウスの多い地域とは

やはり、東京などの都市部に多くございます。本来シェアハウスというのは、都市部などの賃料が高く、1人で住むにはお金がかかるところで、2人以上で住むことにより、1人あたりのかかる費用を抑えて住めることがメリットでした。 ですので、都市部ではない、郊外または地方におけるシェアハウスの需要はさほど多くはありません。その為、群馬県高崎市における、シェアハウスの供給数も、少ない傾向にあります。

シェアハウスに住む理由

  • 単身赴任で一人暮らしが寂しい
  • 以前シェアハウスに住んでいた
  • 様々な価値観の人と、自然に交流を持てる場所が欲しい

などなど。考えは人それぞれです。 1度きりの人生。決して無駄にはならない、「価値ある時」をシェアハウスタカセで過ごしてみるのはいかがでしょうか。

シェアハウスタカセでの暮らし方

1.気遣いが大事
シェアハウスでは、一般のアパートと違って、共有スペースを他人と共有することになります。共同生活を十分に楽しみながらも、周りへの気遣いが出来ないと暮らせません。
2.週1回の掃除
共有スペースは、みんなのもの。順番を決めてお掃除をしましょう。
3.ゴミ捨て
共有スペースのゴミ出しも、当番を決めて出しましょう。
4.節約をしましょう
電気のつけっぱなしや、水の出しっ放しは控えましょう。水道光熱費が、規定額よりも高い場合は、多くなった分を住人の数で割らせていただきます。

ページの先頭へ